2011年にタイ・バンコクに移住(ちなみに駐在妻さんではありません)。食べること・旅が大好きです。バンコクを中心にタイのグルメ情報、子育てに関わる情報を発信するブログです。


by masabk

カテゴリ:旅 ホアヒン( 20 )

前記事のつづき、
ホアヒンマリオットリゾート&スパ」の
食事編を今回はお送りします。

e0298418_13461459.jpg


ホアヒンマリオットで
飲食できる場所は
下記になります。


①Amber Kitchen
メインダイニング。
朝食会場でもあります。

e0298418_1345269.jpg


朝食は朝8時を過ぎると
かなり混み合うと
聞いていたので、
2日目の朝は7時くらいに
こちらのレストランへ
行きました。


実際、8時過ぎると
入店に行列が
出来ており、
早く行って正解。
早い時間なら
外席も涼しくて
気持ちよさそうでした。

朝食はかなり充実してましたよ~

e0298418_13483274.jpg


e0298418_13484894.jpg


e0298418_13491025.jpg


e0298418_13493124.jpg


e0298418_13494573.jpg


e0298418_1350207.jpg


e0298418_13504380.jpg


日本食をのぞいては
幅広いジャンルの
メニューが揃っていました。
(ちなみに3日目は
お寿司コーナーがありました)。


面白いなと思ったのが
卵料理でイサーンの卵料理
「カイガタ」を
調理してくれること。
ホテルで珍しいですよね。
大人気のようで、
行列ができていました。


②Big Fish
ビーチサイドの
グリルレストラン。


「BK Magazine」でも
取り上げられており、
雰囲気良さそうだなと
気になっていた場所です。

e0298418_13565890.jpg


ビーチを見ながら食事が
出来るのは最高ですね。

e0298418_13573384.jpg


普段はお昼からの
営業だそうですが、
繁忙期ということで、
朝食第2会場として
オープンしてました。


3日目の朝は私たちもこちらで。
メイン会場に比べると
品数はかなり限られるけど、
ゆったり静かに食事できて
良かったです。


ちなみに夜は
シーフードとお肉のグリルが
メイン。
メニューを見せて
もらいましたが、
価格設定が強気でした。


③Siam Bakery

ホテルのエントランス脇にある
ベーカリー&デリ。

e0298418_1413241.jpg


私たちはお茶しに
行きましたが、
朝食セットも朝は出しているそう。
パンも豊富にあったので、
上記の朝食ビュッフェは不要と
いう方にはおすすめ。


こちらでは毎日午後に
お得なケーキセットを
提供しています。

e0298418_1425216.jpg


税抜で200B弱で
ケーキセットが楽しめるので
甘い物好きな方には
おすすめです。
ケーキも単品で100B程度と
バンコクのホテルと比べると
リーズナブル。

e0298418_1441526.jpg


e0298418_1443011.jpg



④Pool Bar

プール・ビーチサイドで
簡単な食事を
とることができるお店。

e0298418_1463057.jpg


こちらのメニューは
プールサイドでも
食べることができました。

e0298418_1482767.jpg


e0298418_1483742.jpg



⑤Lobby Lounge & Bar

素敵なロビーの脇にも
バーが有ります。

e0298418_1410130.jpg


今回、夜は外出してしまい、
利用できなかったのですが、
Happy Hourもあった模様。
夜は良い雰囲気だったので、
次回は是非ここで飲みたいです。



7月に泊まった
パタヤの「モーベンピック」も
そうだっただけど、
夕食は外で食べる人が
多かったのかな?
近くにたくさんお店があるので、
我が家もそうでしたが、
車で来ている
タイ人家族連れは
外に行っちゃってる感じでした。


もし外に出たくないという場合も
①のAmber Kitchenでは
日替わりでBBQなどイベントを
やっているようでしたし、
連泊でも飽きずに食事は
楽しめそうな雰囲気でした。





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2016-10-30 14:17 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
前記事のつづき、
「ホアヒンマリオットリゾート&スパ」の
設備編を今回はお送りします。


◆プール◆


ラヨーンのマリオット同様、
プールが充実しているので、
滞在中はほとんど
プールにいたような気が
する私たち。

e0298418_0542585.jpg


流れるプールではないですが、
メインプールは周遊プールに
つながっていて、
敷地内をぐるっと
泳いで周ることができます。

e0298418_0532714.jpg

周遊プールの途中途中に
ジャグジーがあったりで
なかなか楽しいプールでした。


今回の3連休は
子連れで溢れかえっていた
マリオットですが、
大人用の静かなプールも
ちゃんとあります。
14歳以下立ち入り禁止
だそう。

e0298418_051580.jpg

静かに過ごしたい人には
ぴったりです。


また、キッズプールも
小さいながらもなかなかの
充実ぶり。

e0298418_053950.jpg

小さな砂場もあって、
小さなお子さんは喜ぶと
思います。


◆キッズルーム◆

うちの息子は
プールに行かない時間は
キッズルームに
入り浸り。

e0298418_05202.jpg

サッカーゲームを
海外から来たお子さんと
一緒に遊んだり、
かなり満喫したようです。


キッズルームでは
さまざまなアクティビティも
開催。

e0298418_0522280.jpg

子どもに優しいマリオット。
小さなお子さんも大きいお子さんも
楽しめるホテルだと
思います。


◆ビーチ◆

ホアヒンなので、
海で泳ぐ人はそう多くはないとは
思いますが、
ホテル前のビーチは
きれいに整備されていました。

e0298418_0503610.jpg

ホアヒン名物?の馬もいっぱい。


◆そのほか◆

地階には24時間利用可能な
ジムとサウナを完備、
そのお向かいにはスパが
ありました。
利用していないけど、
スパは結構良いお値段でした。

e0298418_052387.jpg



◆設備編まとめ◆

そんなに広々とした
ホテルではありませんが、
施設面は今回のような短い滞在なら
全く不足が無かったように
思います。


ただ、駐車場のスペースが
元々少ないのか、
今回の連休中は駐車がなかなか
大変でした。
バンコクから来ている
タイ人ファミリーは
おそらく全世帯
自家用車で来ていたと
思うのですが、
今回の滞在中は常に駐車場が
満車状態。


夕食や観光で出掛けて
帰ってくると、
駐車場所に難儀するという・・。
バレットサービスも
後半機能しておらず。
毎回駐車場の
スタッフさんたちが
すごく謝っておられ、
逆に同情・・。
駐車場はなんとかしたほうが
良いと思います(笑)。





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2016-10-29 15:32 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
今回のホアヒン行きを決める前、
10月3連休は
お気に入りのラヨーンの
マリオットに行こうかと
考えていたのですが、


大改装を経て
リニューアルオープンした
ホアヒンマリオット リゾート&スパ」で
お得なオープニングプロモーションが
あるのを知り、
今回はホアヒンに宿泊することに
しました。


「Blúport Huahin」で
ランチをし、ぶらっとした後に
遅めのチェックイン。

e0298418_8261169.jpg

e0298418_827334.jpg


ウェルカムドリンク。

e0298418_8263257.jpg



3連休ということで満室。
チェックインがとても
混み合っていました。
滞在してみての感じですが、
お客さんの7割は
タイ人だった感じ。
家族連れが多かったです。


今回宿泊した客室は
こんな感じ。

e0298418_8312440.jpg

e0298418_832752.jpg


残念なのが、
こちらのホテル、
スイート以外の
客室にはバスタブが
無いんです。
バスタブがない分、
シャワーブースに
レインシャワーと腰掛が
あるので、
そちらでリラックスして
くださいという感じかな?


アメニティは
「THANN」。
e0298418_839870.jpg



敷地内は緑が多く
気持ちが良い空間が
広がっています。

e0298418_8325632.jpg

e0298418_8403133.jpg



日常の慌ただしさを
忘れてのんびりするには
最適なホテルでした!





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2016-10-28 08:41 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
昨日までの3連休、
私はバンコクを離れ、
ホアヒンでゆっくりしてきました。


今回、ホアヒンで
足を運ぼうと決めていたのが
The Mall Groupが
ホアヒンにオープンした
商業施設「Blúport Huahin」。
(リンク先の公式サイト、
音が出ます)


e0298418_7464058.jpg


こちらの商業施設、
インターコンチネンタル
ホア ヒン リゾートの
ななめ向かいに
2016年10月オープン
したばかり。

e0298418_7492492.jpg


まずはホテルのチェックイン前に
ランチをとるために
立ち寄ってみたのですが、
駐車場はバンコクナンバーの
車でいっぱい。
話題のスポットだけに
今回の連休初日、
バンコクから多くの人が
立ち寄っていたようです。


施設に一歩足を踏み入れると
「バンコクみたい!」と
息子。

e0298418_7515890.jpg


館内にはバンコクで
おなじみのスーパー
「Gourmet Market」も。

e0298418_753529.jpg


こちらのスーパー、
規模は大きくないけど、
ビールの品揃えがなかなか
良かったし、
The Mall Groupの
ワイン&リカーショップも別途あり、
現地でのお酒の調達に便利だなと
思いました。


飲食店もバンコクで
おなじみの店が多数。
ピザレストランの
Peppina」や

e0298418_7573628.jpg


The Coffee Club」などが
テナントに入っています。

e0298418_7595055.jpg


日系だと
「つけ麺 城」も。

e0298418_814040.jpg



こじんまりとした
規模ではあるけど、
フードコートも
あります。

e0298418_831789.jpg



イベントスペースでは
オーガニックマーケットを
開催してました。

e0298418_823813.jpg



上階には
「ユニクロ」や「H&M」が
入居しているほか、
書店などもあり、
どの店も規模は小さめですが、
バンコクの
The Mall Groupの
商業施設と
変わらない品揃え。


ひととおり全フロアを
廻ってみましたが、
非常に高級感のある
モールだなと感じました。
バンコクで買えるものが
そのまま買えると
いうことで、
バンコクにお住まいの方には
特に物珍しさはないけれど、
ホアヒンの滞在中の
飲食&暇つぶしには
とても良い場所だと思います。


特に飲食は
子連れにはありがたいかも。
子どもがいると、
滞在中タイ料理ばかりというのが
難しいので助かります。


ホアヒン滞在が
こちらの商業施設の
オープンで、
とても便利になったなと
思います。
次回はこちらの施設内で
面白いと思った売り場
「The Beach Story」に
ついて書いてみたいと
思います。


おすすめ度★★★★☆



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク



[PR]
by masabk | 2016-10-28 08:25 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
年末年始にハマってしまった
ホアヒンのタイ料理店
「Aroy@huahin」へ再び行ってきました!
(過去記事:
「【ホアヒン・タイ料理】Aroy@huahin(アロイ@ホアヒン)」
e0298418_19431439.jpg



今回、サームローイヨートの
ホテルに向かう往路で一度
立ち寄ってみたのですが、
残念ながら団体さんの貸切で
入店できず。
2日後のバンコクへの帰り道に
再度立ち寄り、無事入店する
ことができました。
e0298418_1939428.jpg

e0298418_19401022.jpg



お目当てはやはりトムヤムクン!
e0298418_19411885.jpg

今回3度目でしたが
やはり美味しい!
濃厚で海老の旨味が
たっぷり。


お店のおすすめ、
レモングラスのサラダも
美味しかったです。
e0298418_19423410.jpg



お店のなかには
小さなキッズスペースもあり、
子連れのお客さんも
たくさん。
e0298418_19442551.jpg

毎回日本人のお客さんも
見かけます。


うちの子どもは
普段はトムヤムクンを
食べないのですが、
ここのは大好き。
またホアヒン方面に行く機会が
あれば必ず立ち寄りたい
お店です。



おすすめ度★★★★★


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2016-05-09 00:00 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
前記事の続き、
プラヤナコーン洞窟の
記事です。


洞窟最寄の浜辺に到着後、
いよいよ洞窟を目指して
トレッキングの始まりです。


入り口までは平坦な道が続き、
緑豊かで清々しい!
にわとりが呑気に歩いていたり、、、
e0298418_1853672.jpg



が、そんな風に
思っていられるのも
わずかな間。
入り口からは急な階段が
かなーり長い間続きます。
e0298418_1895697.jpg

途中途中休みながら、
ハアハアゼイゼイ言いながら
必死で登りました。
足元が滑りやすいので、
ちゃんとしたシューズを
履いていったほうが
絶対良いです
(下りも滑って怖いです)。


暑さで体力を消耗し、
ヘロヘロで洞窟の入り口に
ようやく到着。
すると、空気が一変するんです。
ヒンヤリとした澄んだ空気に
包まれた洞窟のなかに居ると
外の猛暑が嘘みたいです。
e0298418_18154160.jpg

e0298418_18145086.jpg

e0298418_18165519.jpg



そして洞窟の中を進むと
お目当ての
クーハーカルハット宮殿が!
e0298418_18163446.jpg

とっても神々しい宮殿です。
ラマ5世の来訪を記念して
建立された宮殿ということで、
歴史的に物凄く古いものでは
ないですが、
とにかく存在感のある
宮殿でした。


時間帯によっては
宮殿上部の穴から差し込む
光に照らされた、
より神秘的な宮殿の姿を見る
ことができるそうですよ~。
ベストな来訪時間は
午前中ですね!


美しい宮殿に大満足した後は
先程の浜辺に降りて
写真の休憩所で休憩しました。
e0298418_1824446.jpg

普段飲まないコーラを
注文したのですが、
ものすごく疲れていたため、
これまで飲んだなかで一番
美味しいコーラでした(笑)


こちらの洞窟は
ホアヒンから約50km南下した
場所にあり、
少し遠いですが、
行く価値ありの
場所だと思います。
ホアヒン旅行の際に
少し足を延ばしてみるのも
おすすめです。



おすすめ度★★★★★


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2016-05-08 18:27 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
先日の旅行の一番の目的は
タイ最古の海洋国立公園・
カオ・サムローイ・ヨード
国立公園にある
プラヤナコーン洞窟を
訪れることでした。
e0298418_1812794.jpg

雑誌の掲載写真を見たり、
実際に行かれた方に
写真を見せてもらい、
ずっと気になっていた場所です。



プラヤナコーン洞窟への
アクセスは
下記の2つが一般的なようです。
①近隣の村から
洞窟最寄りのビーチまで
ボートに乗る
②約1時間ほどかけて
山道を徒歩で越える


私たちはどちらで行こうか
迷っていたのですが、
今回宿泊していたホテル
Dolphin Bay Resort」から
直接行くことも
出来るとわかり、
今回はホテル経由で
漁船を手配してもらいました。


ちなみに料金は
ホテルで予約の際に
200Bをホテルに支払、
当日お世話になる
漁師さんに800Bを
支払ってくださいとの
ことでした
(ホテル⇔洞窟の往復料金)。


そして当日。
ホテル前のビーチで
漁師のおじさんと待ち合わせ。
約束の時間通りにカラフルな漁船が
やってきました。
e0298418_17484673.jpg



船に揺られること約20分。
まずは
国立公園の入場チケットを
購入するための途中の
浜に到着です。
浜辺といっても陸まで
結構距離があり、
「浜辺まで濡れて行かなくては
いけないの??」と
一瞬焦ったのですが、
おじさんが代理で
買いに行ってくれました。


その後、洞窟入口の
最寄りの浜へ移動。
e0298418_17545438.jpg

到着時に先程のチケットの提示を
求められます。
この時、外国人とわかると
ガイドがやってきて
「ガイド無しで廻ると
2時間かかる」等、
有料ガイドをつけるように
勧誘があるのですが、
説明が不要な方は
ガイドは不要です。
たくさんのタイ人観光客が皆
洞窟を目指しているので、
そちらの集団についていけば
問題なしです!
e0298418_17585083.jpg



このあと、その②につづきます!


おすすめ度★★★★★

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2016-05-08 18:00 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
Dolphin Bay Resort」、
最後は食事について書きます。


レストトランは
ホテル内に1軒のみ。
Café Loma」というレストランが
朝7時~夜11時まで営業して
います。


欧米人の宿泊が多いせいか、
世界各国のビールやワインが
意外にも豊富。
e0298418_15435161.jpg

酒類はかなりリーズナブルです。
日曜夜はハッピーアワーの
プロモーションがあり、
このサングリアは50Bでした、安っ。
e0298418_15445873.jpg



メニューはタイ料理と
西洋料理がメイン。
メニュー数は結構な種類が
ありました。
どちらもホテル内とは思えない
良心的な価格設定でしたが、
味は全般的にタイ料理のほうが
良かったかな。
e0298418_15464871.jpg

e0298418_1547475.jpg



大人がお酒と一緒につまめるような
メニューも結構充実していました。
e0298418_15491074.jpg

e0298418_15492449.jpg



お昼はサンドウィッチやパッタイなど
注文しましたが、
どれも1人前が多いです。
欧米人仕様。
e0298418_15511763.jpg

e0298418_15513039.jpg



朝食もこちらで。
ビュッフェスタイルで、一通りのものは
揃っていました。
e0298418_15531287.jpg

e0298418_15541225.jpg

エッグステーションもありましたよ~。
e0298418_15543698.jpg



レストランの脇には小さな遊具が
あったりして、
幼い子連れファミリーも
子どもをあそばせながら食事が
できます。


朝食時も夕食時も周りは
小さなお子さんでいっぱい、
泣いたり大声出してもお互い様。
スタッフも子ども大好きと
いう感じでした。
小さなお子さん連れでも安心して
宿泊できるホテルだと思います。



おすすめ度★★★★☆


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2016-05-06 15:53 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
前記事の続き、
ファミリー向けホテル
Dolphin Bay Resort」の紹介です。
e0298418_14474180.jpg



●● ビーチ ●●
e0298418_14153592.jpg

ホテルの前に公道があり、
そちらを渡ると
ビーチがあります。
エヴァソン」と同じ感じですが、
あちらよりも更に
交通量が少ないので、
公道を渡って海に行くのも
全然気になりませんでした。

ビーチはゴミなどなく綺麗です。
宿泊客しか来ない感じなので静かで◎。


●● レストラン ●●
公道とプールに面した
レストランが1軒。
周りに飲食店が無いので、
3食をこちらで食べました。
タイ料理と西洋料理がメイン。
2泊くらいなら飽きないくらいは
メニューの選択肢があります。
e0298418_1420656.jpg



●● マッサージ ●●
マッサージルームがあるほか、
屋外(プールサイド)でも
マッサージを
受けることができます。
e0298418_14211599.jpg

屋内でフットマッサージを
やってもらった夫、
とても熱心にやってもらえたと
喜んでいました。
価格もホテル内とは思えない
リーズナブルさ。


●● 売店 ●●
周りにコンビニなど
ないホテルですが、
売店にお菓子や
アルコールが販売されて
います。
e0298418_1423118.jpg

e0298418_14232194.jpg

儲ける気ゼロな感じの
良心的な値付けに驚き。
ちょっとしたお土産も
販売しています。
各種ツアーの受付もこちらで
やっていて、お店のスタッフさんは
とっても親切でした。


●● 客室 ●●
私たちは
バンガロータイプの部屋に
宿泊しました。
部屋の中やバルコニー部分から
庭の様子を見ることが
できるので、
大きいお子さんなら野放しも
可能(笑)。


部屋は新しくなく、
豪華さは無いですが、
清潔にシンプルに
まとめられており、
寝るだけなら十分でしょう。
e0298418_1428217.jpg


------------------------------------

このホテルのレビューを見ると、
家族連れのレビューばっかりですが、
先日私たちが滞在した際も
宿泊していたのは
ほぼ子連れのファミリー客でした。
8割は欧米人ファミリー、
残りはタイ人ファミリーと
いう感じでしたが、
皆さんフレンドリーで感じの良い人
ばかり。
こじんまりした宿ならではの良さが
ありました。


スタッフも皆さん英語を話しますし、
対応がしっかりしてました。
こういう小規模ホテルだと、
サービス面などあまり期待できない
イメージでしたが、
良い意味で予想と違った
ホテルでした。



おすすめ度★★★★☆


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2016-05-06 14:31 | 旅 ホアヒン | Comments(0)
今回の旅の目的は
「プラヤナコーン洞窟」。


洞窟にアクセスの良いエリアと
いうことで、
ホアヒンの先、
サームローイヨートに
宿をとりました。
年末年始に宿泊した
エヴァソン ホア ヒン」より
さらに先のエリアです。
e0298418_22143977.jpg


エヴァソンのあるプランブリも
のどかなエリアですが、
今回のホテルがあるエリアは
もっとのんびりしています。
コンビニなども見当たらないので、
車が無いとちょっと大変な場所
かもしれません。


今回宿泊した
Dolphin Bay Resort」は
各クチコミサイトで
非常に評判が良く、
公式サイトを見て頂いても
「The Family Resort」と
あるだけあって、
家族向きのお宿です。


大きな庭に遊具。
e0298418_2219165.jpg

e0298418_22191471.jpg

滞在中、多国籍な子どもたちと
息子はこちらの庭で
サッカーを楽しみました。


プールは海水利用。
小さいですが、スライダーもあります。
e0298418_22215131.jpg

e0298418_22227100.jpg



こちらはキッズルーム。
ゲーム等ハイテクな玩具は
ありませんが、
自宅のようにリラックスして
ソファに寝転がって映画を
観ることができます。
e0298418_22235252.jpg



自転車やバトミントンセットの
貸出などもあり、
身体を動かして遊ぶことが
できるよう、配慮されています。
e0298418_22252832.jpg

小学校高学年くらいまでの
お子さんがいれば
かなり楽しめる宿だと思います。


このあと、食事や
その他の施設についても
書きたいと思います。
→「Dolphin Bay Resort(ドルフィン ベイ リゾート)②@サームローイヨート
Dolphin Bay Resort(ドルフィン ベイ リゾート)③@サームローイヨート


おすすめ度★★★★☆


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2016-05-05 22:29 | 旅 ホアヒン | Comments(0)