2011年にタイ・バンコクに移住(ちなみに駐在妻さんではありません)。食べること・旅が大好きです。バンコクを中心にタイのグルメ情報、子育てに関わる情報を発信するブログです。


by masabk

カテゴリ:旅 その他( 8 )

近隣を通るたび気になっていた
巨大な三つ首象を見に、
先日「エラワン・ミュージアム」に
行ってきました。

e0298418_19315522.jpg


この迫力!
重量250トン、台座部分を含めると
高さは43メートルに達するそうです。

e0298418_1933391.jpg


巨大神象の台座部分は
ミュージアムとなっており、
華僑出身の大富豪
レック・ウィリヤパン氏所有の
仏像や骨董品が展示されています。


ミュージアムではフロアごとに
地下世界・人間界・天上界の3つの
世界を表現しているということですが
思っていた以上に
見ごたえがありました。


特に人間界!
ピンク色の装飾と
天井のステンドグラスの
組み合わせが幻想的で
とてもきれい。

e0298418_19365256.jpg

e0298418_19373912.jpg

e0298418_19381262.jpg


ベンジャロン焼きを砕いたものを
装飾に使用していたり、
細かい部分を見ていくと
面白かったです。


ピンクの人間界の間の
さらに先には細い階段が
続いています。
階段をのぼっていくと
神象のお腹にあたる部分に
天上界が。

e0298418_19404572.jpg

さまざまな年代の仏像が
設置されたこちらの空間は
とっても静か。
不思議と心落ち着く場所でした。


美術館を見学したあとは
お参りスペースです。
パワースポットと言われているだけ
あって、真剣に参拝に来ている方も
多い模様。

e0298418_19424995.jpg


私たちも2017年の幸運を願って
お参りしてきました。
お参りスペースの近くに
参拝グッズを配布している場所が
ありますが、
特に費用を支払う必要はありません。
(施設の外に参拝グッズを販売する
おじさん、おばさんがいますが
無視してOKです)


ちなみに入場料は
9時~17時は
大人400 B・子ども200 B、
17時以降は
上記金額の半額で入場できます。


また、タイにお住まいの方は
WPもしくは
パスポートの滞在ビザページを
提示すれば17時前でも
200Bで入場できますので
身分証明をお忘れなく。


ミュージアムの音声ガイドには
残念ながら日本語は無かったのですが
無料で英語もしくはタイ語の
ガイドを借りることができます。

e0298418_20062.jpg



【エラワン・ミュージアム】
営業時間:9:00~19:00
99/9 Moo 1, Bangmuangmai, Samut Prakarn
BTSベーリン駅からタクシーが便利です。


なお、こちらのミュージアムを建てた
レック氏はテーマパーク
Ancient Siam
(ムアンボラーン)
」を
建てたことでも知られています。
そちらもワンデイトリップにおすすめです!

→過去記事
Ancient Siam(ムアンボラーン)@サムット・プラカーン





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2017-01-18 19:59 | 旅 その他 | Comments(0)
年始のナコンパトム旅行で
海老の火山焼きとともに
楽しみにしていたのが
黄金の仏塔
「プラ・パトム・チェーディー」を
見に行くこと。


なんでも
ナコンパトムの街は
インドシナ半島の中で
最初に仏教が伝来した街
なのだとか。
そんなナコンパトムに
3世紀頃、モン族によって
建てられたのが
今回訪れた仏塔です。
世界でもっとも高い
黄金の仏塔、年始に見に行くには
縁起が良いんじゃないかなーと
思いまして・・。


こちらがその仏塔なんですが
近くで見ると迫力があります!

e0298418_88368.jpg


境内はたくさんの人で
賑わっており、お参りをするのも
なかなか大変な混雑具合でした。

e0298418_8141733.jpg


敷地内には
洞窟状の参拝場所が
あったりして、
最初は暑いだのブーブー
文句を言っていた息子も
なんだかんだ言って
楽しんでおりました。

e0298418_812594.jpg



お寺の周辺はというと
ちょっとした屋台街になっています。

e0298418_8132739.jpg

e0298418_8155651.jpg


この宝くじおじさんが大人気で、
たくさんの人が
彼に群がっていました。

e0298418_8181798.jpg

私もつられて宝くじを
彼から買ってしまいました。
当たるとよいなあ(笑)。
抽選日が楽しみです。






にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


にほんブログ村


ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2017-01-13 08:20 | 旅 その他 | Comments(0)
前記事に引き続き、
ナコンパトムのエコリゾート
サンプラン・リバーサイド
宿泊記をお送りします。

e0298418_1863282.jpg


ホテルの朝食は
ロビー階のレストランで
頂きました。

e0298418_1871399.jpg


屋外席もあるので、
そちらで食事していた
タイ人ファミリーもちらほら。

e0298418_1881266.jpg


宿泊代金がお手頃なだけに
朝食は
全く期待していなかったのですが、
美味しい朝ごはんでした~。

e0298418_189655.jpg


洋食はもちろん、
タイ風の麺類やおかゆ、
タイ風パンケーキの
コーナーもあり、品数も十分。

フルーツコーナーには
各フルーツを生産した農家さんの
紹介写真が用意されていました。
どのフルーツもとても
美味しかったです。

e0298418_18113452.jpg



お腹いっぱいになった後は
園内を散策。
一般向け開館時間までは
宿泊者しか居ないので、
広大な庭を貸し切り状態。
贅沢です。

e0298418_18123637.jpg

e0298418_1813788.jpg

e0298418_18132412.jpg


1時間60Bで自転車を
借りることもできます。
宿泊者は皆自転車を借りて
散策してましたねー。


さて、こちらのホテルですが、
以前訪れた時よりも
エコリゾートとして
力を入れているように
感じました。
写真はホテルが進めている
オーガニック事業
「サンプラン・モデル」の説明ボード。
e0298418_18155816.jpg


客室のアメニティも
ホームメイドのものだったのですが、
地元で採れた農作物の販売のほか、
農産物を加工した食品や
ボディケア商品を開発・販売して
います。

ホテルのロビー階には
「Patom」というお土産コーナーが
あるのですが、
そちらで各商品を購入することが
できます。

e0298418_18211872.jpg

e0298418_18215120.jpg

e0298418_18221365.jpg


ブランドのロゴやパッケージも
おしゃれな雰囲気満載で
お土産にもぴったり。
私はこちらで自分用に
シャンプーとコンディショナーを
買いましたが、
とっても気に入っています。


また、こちらのブランドですが、
先日スクンビットにも
アンテナショップ兼カフェを
オープンさせています。
先日そちらにも足を運んできたので、
次回の記事でご紹介しようと
思います。

☆園内のレストランもおすすめ☆
Inn Chan restaurant@サンプランリバーサイド


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク




[PR]
by masabk | 2017-01-09 18:35 | 旅 その他 | Comments(0)
2017年の年始、
バンコクから車で1時間半ほどの街
「ナコンパトム」に泊まりで
行ってまいりました。


今回宿泊したのは
サンプラン・リバーサイド」という
川沿いリゾート。
以前に日帰りで遊びに行った際、
こちらのブログで記事にした
場所なのですが→
ホテルも併設されており、
泊まりで遊びに行くことが
できます。

e0298418_22193784.jpg


ホテルの建物自体は古そうですが、
クラシックな雰囲気を残しつつ
上手にリノベートしています。

e0298418_22204686.jpg

e0298418_22213715.jpg

e0298418_22215523.jpg



今回私が宿泊したのは
スーペリア リバービュー。
客室からは
ナコーンチャイシー川の
景観を楽しむことができます。

e0298418_22231846.jpg

e0298418_222443.jpg


バンコクから
そんなに離れていないのに、
周辺は自然たっぷり。
癒される環境です。


客室は広くはないけど
十分な大きさ。

e0298418_2225755.jpg

e0298418_22262378.jpg


きれいに保たれているので
古さは気になりませんでした。
バスルームには
写真には映っていませんが
バスタブもあります。

e0298418_22261066.jpg


宿泊料が非常に手頃なので、
土日にバンコクから
サクッと泊まりに行くのには
おすすめのホテルだと思います。
自然の中でのんびりできて
短い滞在でしたが
とてもリフレッシュできました。


また、週末には
お子さんも参加できそうな
エコツアーや農業体験などの
各種アクティビティが
開催されています。
我が家もまた普通の週末に
再度泊まりに行こうと計画しています。


次記事では
このホテルの食事や園内の様子を
ご紹介します。




にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク







[PR]
by masabk | 2017-01-08 22:34 | 旅 その他 | Comments(0)
先日、
バンコクからパタヤへ
向かった際、
途中でバンセーンにある地獄寺
「ワット・セーンスック (Wat Saen Suk)」に
寄ってみました。


地獄寺はタイ各地に
色々とあるようですが、
バンセーンのこのお寺は
バンコクからのアクセスが
良いです。
車で1時間半かからないくらい
でした。

e0298418_18181088.jpg

e0298418_18192780.jpg


一見普通のお寺っぽいのですが、
お寺の境内奥は地獄の世界。。。

e0298418_18224513.jpg

e0298418_1825295.jpg


ちょっとだけグロイものも
ありますが、
子どもが見ても
まあ大丈夫な
レベルです、多分。
うちの息子(8歳)は
若干おびえていましたが(笑)。


大人からすると笑えるものの
ほうが多かったですねー。
これを見たからといって
色々行いを改めようと思うかどうかは
謎だなあと思ってしまったのですが、
タイ人の若いカップル
(高校生くらい?)は
神妙に見入っていたので、
少しは効果があるのかも
しれません(?)。


罪状によって受ける罪は
色々なようですが、
こういう場所には珍しく、
1つ1つのモニュメントに
タイ語のほか英語での解説が
書かれており親切。


拝観料はかかりませんが、
入り口でお供えセットを皆さんが
購入していたので、
真似して20Bで購入しました。


パタヤ方面へ行かれる際の
ちょっとした観光におすすめです!


おすすめ度★★★★★



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2015-06-09 00:12 | 旅 その他 | Comments(0)
今回の5/1~5/5の
タイ5連休に合わせ、
日本から夫の両親が遊びに
やってきました。
今回で来タイ4回目の彼ら。
これまで縁のなかった
リバーサイドエリアの
ホテルを
予約してみました。
宿泊したのは「チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク」。
今回、小学生の姪っ子も
同伴なので、
ファミリーフレンドリーそうな
こちらのホテルが
良いのでは、ということに。

ロビー周辺はこんな感じ。
e0298418_19141151.jpg

e0298418_1915191.jpg

アメニティは環境に
配慮したものを
使用しているようです。
e0298418_19161996.jpg


お部屋は11階でしたが、
なかなかの眺めの良さ。
e0298418_19173669.jpg

部屋にはキッチン付き。
リビングルームと
ベッドルームがセパレートで、
写真はありませんが
バスルームも広々。
バスタブもありました。
リビングルームには
DVDプレイヤーがあり、
TVはNHKが視聴可。
こういった点が
日本から来た親には
好評でした。
e0298418_19181570.jpg

e0298418_19183846.jpg


ホテルの専用船の乗り場に
向かってこのような庭が
広がっています。
e0298418_19245613.jpg

こちらの船着き場から
サトーン船着き場まで、
無料のホテルボートで
移動が可能です。
e0298418_19232558.jpg


ホテルにラグジュアリーな
雰囲気はあまりありませんが、
スタッフがフレンドリーで
対応が良いし、
私は非常にこのホテルが
気に入りました。
今回親や小さい子ども連れと
いうことで、
色々リクエストをする機会も
あったのですが、
非常に親切かつスムーズに
対応してもらえたので
感謝しています。

なお、現在はメインプールを
改装中とのことで、
今回は隣接するレジデンスの
プールを
宿泊者も利用させてもらいました。
私は行っていないのですが、
そちらの雰囲気もなかなか
良いものだったようです。




にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2015-05-05 19:31 | 旅 その他 | Comments(0)
先日サメサン島へ
行った記事の続きです
(前回記事はこちら


今回の旅の予定は
土曜日に半日を
サメサン島で過ごし、
サタヒップで1泊、
翌日曜日はサタヒップの
ビーチで遊んで帰ってくると
いうものでした。
サタヒップには小さなホテルが
思った以上にあり、
宿泊費も安いので、
サメサン島へ行かれる場合は
サタヒップで1泊するのも
良いと思います。

サタヒップのビーチですが、
行ってみてびっくり。
ローカルの人たちで
大混雑です。
泳ぎに来るというよりは、
ビーチで宴会目的?
皆さんビールを箱で持ち込んで、
ソムタム作ってたり、
なんかすごいです。
これって毎週こんな感じなのかな?と
驚いてしまいました。

e0298418_18192972.jpg


肝心のビーチですが、
こちらもサメサン島に負けないくらい
透明度が高く、美しいです。

e0298418_18213833.jpg


ビーチにはボート屋さんがいて、
グラスボートやバナナボートに乗る
ことが出来ます。
私たちはグラスボートに
バナナボートを従えて、
大勢で沖に出て、
シュノーケリングに挑戦しました。
小学校低学年の
小さな子どもたちでも
安心して楽しめるよう、ボートの
スタッフが色々気遣ってくれました。
この方が担当のスタッフさん↓
色々ありがとうございました!

e0298418_182523.jpg


こちらのビーチも島同様、
外国人はほとんど見かけず、
99%タイ人のためのビーチと
いった様子。
ローカルな雰囲気で
非常に楽しかったです。
家の近くにこんなきれいな
ビーチがあったら、
私も休みの度にゴロゴロしに
行くだろうなあと。


さて、こちらで海を満喫後、
バンコクへ帰宅したのですが、
サタヒップからバンコク方面、
日曜の夕方は道路が
激混みなのでした。。。
16時前にサタヒップを
出発した我々ですが、
バンコクに到着したのは
なんと21時前。
運転頑張ったお父さんたち、
お疲れさまでした!





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2014-10-25 03:11 | 旅 その他 | Comments(0)
先週末はパタヤの先にある
サタヒップ、
サメサン島へ遊びに行っていました。
日本人にはあまり知られていない様子の
サメサン島なのですが、
タイ人には大人気の島だそうです。


サメサン島へ渡る船は
サタヒップの港から出ています。
私たちは早朝に
バンコク・シーロム近辺を
出発して港へ向かったのですが、
港まで2時間半ほどかかりました。
船は9時半発を始発に
1日数便本土と往復しているようですが
今回遅れて合流した友人は
午後の便が満席となっており、
乗船することができませんでした。
1便100人しか乗れないようなので、
早めに港へ行って
チケットを確保したほうが良さそうです。


こちらのサメサン島は
タイ海軍が管理している島とのこと。
島に到着後は海軍の方から
島についての説明を20分ほど聞いた後、
自由行動となりました。
海水浴を楽しむことができるポイントは
2か所あるようですが、
その間は車で送迎してくれます。

e0298418_12321266.jpg



ビーチではゴザや
ビーチチェアを借りることも出来ましたし、
トイレも完備されていました。
小さな売店もあって、
ちょっとしたお菓子や
飲み物は購入可能です。
食事についてはこちらでは
購入できないのですが、
本土の港に炒飯を買うことが
できる場所があります。
島内は予想外に
色々整備されており、
何のストレスもなく、
海水浴を楽しむことができました。


また、海軍の方たちは非常に親切で、
子どもたちにシュノーケリングを
率先して教えてくれたりしました。
私達のグループも沖まで船で出て、
シュノーケリングを
楽しんだのですが、
こんな感じで魚だらけ。
ちょっと怖いくらいに
魚が集まってきます。

e0298418_12383148.jpg



こちらの島、ビーチは
噂に聞いていた以上にきれいで、
これまで私がタイ国内で訪れた場所の中では
1番の透明度といってよいかも。
わざわざ南のほうへ
飛行機で行かなくても、
バンコクから日帰りできる場所で
こんなに美しい海が楽しめるなんて!と
大変驚きました。


ただし、こちらの島、
外国人のみでは入島することが
出来ないとされています。
タイ人の友人と一緒に、
もしくは日系旅行会社の
日帰りツアー
利用されるのが
ベストだと思います。


また、水着の着用も
禁止されていますので、
水着の上にTシャツや
ラッシュガード・短パンを
履いて海に入らなくては
いけません。
(この日、バンコクの大学生の
団体が入島しており、
留学生と思われる
欧米人の学生さんたちが
水着姿で遊んでいたのですが、
彼らは特に注意を受けている
様子はありませんでしたが、、、、。)


帰りは最終便の船が
島を出るのが16時半になります。
半日の滞在でしたが、
海を満喫できて、
大満足のショートトリップと
なりました。





にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ジモモ バンコク





[PR]
by masabk | 2014-10-22 12:50 | 旅 その他 | Comments(0)